ふくらはぎの痩せ方【短期間で実感できるやり方とは?】

ふくらはぎ痩せ方短期間

ふくらはぎが太い!痩せ方を知りたい!短期間で痩せたい!そんなあなたにふくらはぎの痩せ方短期間対処法をお教えしたいと思いますが、ふくらはぎ太りにはタイプがあります。タイプによって太った原因が違いますから、まず自分のタイプを知ることから始めましょう。

 

ふくらはぎが太いタイプは、大きく分けて3つあります。まず@は筋肉太りタイプ、Aはむくみ太りタイプ、Bは脂肪太りタイプです。自分がどのタイプかを見分ける見分け方は、次の様にして確認しましょう。

 

@の筋肉太りタイプ→立ちあがってふくらはぎをつまんでみた時、つまめない。
Aのむくみ太りタイプ→ふくらはぎを指で押した時、跡が白っぽくなってなかなか元に戻らない。
Bの脂肪太りタイプ→ふくらはぎをつまんだ時に少し固めだけどしっかりつまめる。

 

@・A・Bのタイプを確認したら、次にそれぞれの痩せ方エクササイズに移りますが、悩むほど太ってしまったふくらはぎは、1日2日で出来た「もの」ではありません。短期間で痩せたい気持ちは分りますが、ある程度の根気と努力は必要です。

 

ふくらはぎの痩せ方短期間エクササイズ

 

@の場合は、激しい運動等で鍛えられた筋肉に、老廃物等がへばりついて出来たのが、ふくらはぎの筋肉太り症状です。短期間に効果を出すには、次の様なストレッチをします。★座って足をまっすぐのばし、足首を直角にして足の指を身体の方にひっぱり、ふくらはぎを伸ばす。★力を抜いて元に戻す。

 

上記のストレッチを5・6回繰り返します。風呂上がり等に行うと、短期間に効果が出るかもしれません。歩き方も次のことに気を付けるようにします。つま先で蹴り出し、踵から着地する。早足歩きは止め、背筋と膝を伸ばしてゆっくり歩きましょう。

 

Aの場合は、次のエクササイズがお勧めです。仰向けに寝て両足を直角に上げます。足を上げたまま足首を前後左右に30秒ほど振っておろします。これを数回繰り返します。またお風呂や足湯、蒸しタオル等でふくらはぎを温めた後、足首から膝に向かって優しく揉み上げます。

 

上記の運動に加え、歩き方も気を付けると、むくみで太くなったふくらはぎの痩せ方の、短期間効果に良い結果を得る事が出来るでしょう。膝や背筋を伸ばし、両手をなるべく大きく振って早足で歩きます。筋肉太りとは逆に、ふくらはぎの筋肉を作る為です。

 

Bの場合は、運動不足やカロリーオーバーで代謝が悪くなって太ってしまった場合が多いので、根本的な原因も解消する必要があります。甘いものや脂っこいものは極力控えましょう。そしてむくみ太りの場合と同じく、風呂上がり等、ふくらはぎを温めた後、仰向けに寝て自転車こぎ体操をします。

 

歩く時は背筋や膝を伸ばし、大股で早歩きします。この時両手も大きく振ると効果が上がります。いずれにしてもふくらはぎ太りを短期間に解消するには、他力本願はだめです。自分がどのタイプのふくらはぎ太りなのかをしっかり見極めて、ストレッチ、歩き方、食生活等総合的にケアする事が肝要です。

 

ふくらはぎ、痩せ方、短期間まとめ

ふくらはぎ太りでは、痩せ方の手段として、誰でも短期間に結果を出したいと思うのは当然ですが、ボディ・ダイエット同様、ふくらはぎダイエットも、そう簡単に結果が出るものではありません。然し本人の根気と努力があれば、ふくらはぎダイエットは、短期間効果も希望はあります。

 

ふくらはぎ太りには大きく分けて3つのタイプがありますが、自分がどのタイプかを見極めるのは、それ程難しくないのがふくらはぎ太りです。立ちあがってふくらはぎがつまめなかったら「筋肉太り」であり、少し固いけどしっかりつまめたら「脂肪太り」です。

 

またつまめるけれど柔らかく、指で押すと後が白っぽくなり、なかなか元に戻れないのがむくみ太りです。それぞれストレッチ方法があり、歩き方にも工夫が必要です。食生活も見直しながら、市販のふくらはぎダイエットグッズも利用するのも一計かも知れません。

 

目標に向かってファイト!