ふくらはぎの痩せ方について知りたい男性必見!

ふくらはぎ痩せ方男

最近ふくらはぎの痩せ方に関心を持つ日本人男性が増えていると言われます。ふくらはぎを細くする痩せ方は、男性も女性も方法はそれ程変わりません。男性のふくらはぎ太りは、殆ど筋肉太りと思われますので、ココでは、筋肉太りに対する痩せ方を公開してゆこうと思います。

 

男性のふくらはぎ太りの原因は、大抵が筋トレや無酸素運動のやり過ぎ等で、筋肉が発達し過ぎた場合が多いですが、ここで筋肉について少しお話します。筋肉は髪の毛位の繊維の集合体で、種類も2種類あります。@速筋繊維とA遅筋繊維です。筋肉運動にも@短縮性とA伸張性とがあります。

 

@速筋繊維は、簡単に言うと短距離走等で使う筋肉で、A遅筋繊維はマラソンなどで使う筋肉と考えても良いでしょう。又@短縮性の筋肉運動はものを持ち上げる時に、Aはものを下ろす時に使う筋肉運動の事で、筋肉中の繊維も前者は多く、後者は少ない本数の繊維を使います。

 

ふくらはぎの筋肉太りの痩せ方は?

 

特に男性のふくらはぎの筋肉太りは、ふくらはぎの速筋繊維を、短縮性的に使った結果ですから、痩せ方もその点を考えて対処してゆかないと逆効果になります。男性は女性に比べて筋肉太りはそれ程見た目に悪い訳ではありませんが、男性にもゴールデンカノンというものがあります。

 

ゴールデンカノンは、自分にとっての身体のベストなバランスです。ふくらはぎの太さにも、個人個人のベストの太さがあります。算出方法は、身長×0.2です。170pの人のベストなふくらはぎの太さは、170×0.2=34pとなります。これより太ければ痩せ方を考えたらよいのです。

 

自分のふくらはぎが、ベストより太かった場合は、@有酸素運動でインナーマッスル(見えない所の筋肉)を鍛えるようにします。歩く時は早足は禁物です。筋肉を柔らかくして、痩せ易くすることが大事ですから、風呂上がり等には筋肉マッサージをしましょう。

 

筋トレは逆効果ですが、有酸素運動で使った筋肉は、ストレッチ等で必ずほぐしておきましょう。道具も使いっぱなしで放置すると、錆びたり早く駄目になりますが、筋肉も同じです。無酸素運動(激しい運動や筋トレ)で鍛えても、運動後のストレッチを怠ると、筋肉は硬くなり太り易くなります。

 

ふくらはぎ、痩せ方、男まとめ

ふくらはぎの痩せ方は、男性も女性も同じです。只男性の場合のふくらはぎ太りは、殆ど筋肉太りですから、まず自分のふくらはぎが、理想よりどれくらい太いのかを見極めた上で、対処法を考える事が大事です。

 

ふくらはぎ太りの中で、筋肉太りが一番痩せ難いと言われていますが、ふくらはぎは太りは、他の身体の部位と比べて、部分痩せし易いとも言われますから、根気よく痩せ方を継続すれば、意外と早く目標が達成できるかもしれません。

 

筋肉(マッスル)は、人間にとって大事な器官です。ふくらはぎ等の見えている部分のマッスルは、アフターマッスルと呼ばれますが、アフターマッスルを理想のサイズにするには、目に見えない部分の筋肉(インナーマッスル)の強化が必要です。

 

インナーマッスルは、有酸素運動等で鍛えられますから、自分に合った有酸素運動、無理なく継続できる有酸素運動を見つけ、根気よく続けることで、太りにくい体質と同時に、健康的な体力を身につける事が出来るでしょう。男性の適度に鍛えられた筋肉質の美脚は魅力的です。目指せ美脚!